自律神経失調症 薬|40代を超えてからの更年期障害に!自律神経失調症改善サプリメント徹底比較ランキング

【 自律神経失調症 薬 】

 自律神経失調症の治療として最初に行われるのが薬物療法です。多くの人が、めまいやフラツキ、食欲不振、頭痛、動悸、不眠、イライラ、などを自覚症状として訴えますが、これらの症状を放置するとさらに悪化するため、しっかりと改善するためにの薬が処方されます。
 薬を飲む事に抵抗感のある人は少なくありませんが、がまんを強いるより、薬で症状を緩和するほうがおすすめです。また医師の指示できまった用法と容量を守りましょう。薬は即効性がありますが、副作用がある場合ありますので、飲む量や回数は替えないようにしましょう。  


【 薬の種類 】

 
 抗不安薬・・・不安や緊張感をやわらげるもの。リラックス効果あり。眠くなったりふらつきの副作用あり。
 自律神経調整薬・・・自律神経の中枢に作用して、交感神経と副交感神経とのバランスを図る。副作用はない。
 抗うつ薬・・・うつ気分やイライラを改善するもの。口の乾き、便秘など副作用あり。
 ビタミン剤・・・ホルモンのバランスを整えるビタミンE、疲労を回復させる目的のビタミンB1など
 ホルモン剤・・・中年以降、性ホルモンの分泌が低下することで起こる更年期障害に対して、エストロゲンやテストステロンなどを補うために使用する  



私は40代健康食品が大好きな主婦です。30代の中旬から体の衰えと育児で様々なサプリメントを試してきました。そんな私が更年期になり、自律神経の乱れによって現れる更年期障害をなんとか改善できないかと、話題のサプリや漢方を試して比較しました。